タグ別アーカイブ: センター試験

センター試験『物理』『化学』平成31年

平成31年1月19日、20日大学入試センター試験が実施されました。

今年は例年のような気象や交通機関のトラブルは見られなかったようですが、

定規使用で不正行為認定をされてしまった生徒がいた模様。メディアで話題になっています。

わたしは以前から、センター試験は定規使用禁止ですよ、と知らせていたのですが…

大学入試センターから中間集計が発表されたので、理科のデータを見ておきます。

受験者数は

物理 57,339人

化学 70,049人

生物 24,266人

平均点は

物理 57.56点

化学 55.87点

生物 64.23点

ということです。

得点調整はなさそうです(地学がすごく平均点が低いので、そこはどうなるかわかりませんが)。

 

『物理』『化学』はわたしもやってみましたが、

物理は比較的やさしい

化学はやや難しい

くらいかな、と思いました。平均点も概ねそれに沿っていると思います。

 

『物理』はダイオードが出題されていて、手こずった人がいるかも

『化学』はやや難くらいの問題が多かったような気がします

こちらで解説しました

平成31年センター試験『物理』解説

平成31年センター試験「物理」の第3問A問1の解説

平成31年センター試験『化学』解説

 

毎年、『物理』で注目しているディメンションの異なる選択肢

物理では、単位が一致しない答えは必ず正解ではありません。

これを確認することで答え合わせができます。

例えば、長さxを求める問題で、答えがatになったとします

xの単位は[m]、atの単位は[m/s2]・[s]=[m/s]

で単位が異なります。コレが正解である可能性は0です。

この「ディメンションを確認する」という方法はうっかりミス防止に有効です。

 

ことしの『物理』でディメンションの異なる選択肢を探してみると

第1問の問4

①~③が[1/m]、④~⑥が[m]に選択肢の単位が異なっている

求めるのは長さで[m]ですから、正解は④~⑥のどれかです。

 

第2問のBの問4

速さ[m/s]に合う選択肢は①⑤⑥のみ

 

第6問の問1のイ

選択肢が「E/h]と「h/E]に分かれています。

求めるのは振動数で単位は[1/s]です。

プランク定数hの単位はジュール・セコンド[J・s]なので

正しい答えは「E/h」です。

 

ちなみに今年は『化学』にも単位の異なる選択肢の問題がありました。

第2問の問5です。

 

物理で答えが出たら、そのディメンションが求めるべきモノにあうか確認する習慣にするとよいでしょう。

センター試験のような択一式の問題なら、問題が難しくて答えが分からないとき、ディメンションの合う選択肢を選択するようにして、少しでも正答率を上げます。

ディメンションを確認するー物理得点アップ法その1ー

 

皆さん、センター試験の結果はどうでしたか?

あともう少し。

最後まで、慢心もせず、諦めもせず、最後まで走り抜けましょう!

平成29年センター試験物理と化学

わたくし、高校物理・化学家庭教師が本を出版しました。

詳しくはこちら

平成29年センター試験が実施されました。

なぜか毎年実施日が寒波にみまわれ、受験生は苦労させられるのですが、今年もそうでした。

みなさんつつがなく受験できたでしょうか、成績はどうでしたか?

毎年私が注目しているのが物理の解答の選択肢のディメンション。今年はディメンションを確認することで正解候補が絞れる問題が3問ありました。

第2問のB問4でディメンションが①④B0SN、②⑤B0SN/T、③⑤B0SNTに分かれています。誘導起電力を問う問題ですから、V=-dBS/dtで②⑤が正解候補です(正解は⑤)。

第4問のA問1は①~④がl/g、⑤~⑧が√l/gです。時間を問う問題です。l/gは[m/(m/s2)]=[s2]でルートをとる必要があるので、⑤~⑧に正解があります。

同じく問2は長さを問う問題で①~④がg/v2、⑤~⑧がv2/gにディメンションが分かれています。v2/gは[(m/s)2/(m/s2)]=[m]ですので、⑤から⑧に正解があります。

毎年、基本的な知識事項を問う問題で基本的過ぎておろそかになりがちな範囲の問題があるような気がします。今年は、第1問の問5で上空の気温が高いと、気温差がない場合と比べて音が遠くに届きやすいかどうか、という問題が出題されました。たしかにこれは教科書に出ているのですが、トリビア的に触れているだけだろうとスルーしてしまいそうなところです。教科書をよく読みましょうという警告だと思ってください。

ドップラー効果の波長を求める問題が出ています。ドップラー振動数を求める公式を丸暗記している人が多いと思うのですが、そういう人は波長を求める方法がわからず苦戦したものと思います。拙著『高校物理発想法』に丸暗記に頼らないドップラー効果の問題の解き方を掲載していますので、参考にしてみてください。

化学で私が気になったのは、第4問の問5界面活性剤に関する問題です。これは要するにせっけんと合成洗剤の性質を問う問題です。せっけんはCa2+やMg2+を多く含む水(硬水)では沈殿をつくって洗浄能力を失うのでした。その弱点を克服するために開発されたのが合成洗剤です。簡単にまとめておきます。

せっけんの長所 微生物によって生分解されやすい環境に優しい洗剤である。

せっけんの短所 ①硬水中では洗浄能力を失う②水溶液が塩基性なため、絹や羊毛を痛める

合成洗剤の長所 ①硬水中でも洗浄能力を失わない②水溶液は中性である(ただしNa2CO3などを添加されたものは塩基性)

合成洗剤の短所 生分解されにくく、環境を汚染する

この問題は塩化カルシウムを加えるとあるので、硬水とせっけん、合成洗剤(硫酸ドデシルナトリウム)の相性を問うているわけです。押さえられていなくて分からなかったかもしれません。せっけんと合成洗剤の問題であることも分からなかった人もいるのでは。

もうセンター試験は済んでしまったことなので、成績勘定を計算するところはして、切り替えるところははっきりと切り替えて、次に進んでください。

 

『高校化学 中和滴定』『高校化学 気体の製法の理論を整理すると』『高校化学 熱化学方程式の問題の解き方』を出版しました。kindle出版です。

未知の酸または塩基の濃度を決定する操作を「中和滴定」といいます。中和滴定について高校化学で必要な知識をまとめます。教科書ではあまり取り上げられていないちょっとしたコツも紹介したいと思います。詳しくはこちらを。

高校化学でさまざまな気体の製法を学びますが、その理論をあまり整理せずに、雑然と覚えている人が多いような気がします。本書ではそれらをキチンと整理します。

高校化学の熱化学方程式の問題は、場当たり的に解くのではなく、整理して系統的に解くべきです。それをまとめました。

わたくし、大阪の家庭教師が高校物理の参考書を出版しました。

タイトルは『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』です。

『§3 v-t図の考え方』より

「物体の運動を考察する際、v-t図を使うと分かりやすい場合があります。v-t図の用い方は知っている人も多いかと思いますが、ひとつ喚起しておきたいことがあります。v-t図を作図せよ」、という設問があったら、それは、「これ以降の設問でv-t図を利用して解けば簡単に解けますよ」という誘導である場合が多い、ということです。物理の入試問題では、いかに出題者の誘導に乗るか、ということもポイントになってきますので、こういうこともしっかり押さえておきましょう。」

このように受験生が本当に必要としている実践的な知識を載せました。

『§4 「エネルギー保存の法則」「運動量保存の法則」の式をたてる際に注意すること』より

「運動量保存の法則は、「内力だけが働く系では、運動量の和が保存する」というものです。ここで運動量はベクトルですから分解することができます。すると、外力が働いていてもそれが一方向を向いていれば、それに垂直な方向は内力だけが働くことになりますから、その方向の運動量は保存します。したがって運動量保存を使うときは、まず働く力全てを内力と外力に区別し、外力が一方向を向いていないか調べることからはじめます。

教科書に載っている法則をただ覚えているだけではダメです。問題を解くとき具体的にどう使うのかまで理解していなくてはいけません。法則の正しい用い方を明確に説明しました。

他の参考書では書いていないような受験生が本当に必要としている事項満載です。

詳しくはこちらをどうぞ

平成28年センター試験『物理』『化学』

高校物理参考書『高校物理発想法』を出版しました。

詳しくはこちら

平成28年1月16日、17日にセンター試験が行われました。

新課程になってまだ2年目ですので傾向を言うのは難しいですが、『物理』はだいたい標準的な問題でした。『化学』はやや難しいくらいでしょうか。
『化学』は新課程から高分子が試験範囲に加わったのですが、去年は選択問題になっており避けることができました。しかし、今年は高分子の問題が必答問題でした(第5問)。『物理』で新課程から加わった原子は今年も選択問題でした。

発表によると、『物理』の平均点が61.70点で昨年より2.61点下がっています。化学は平均点54.48点で8.02点下がっています。

毎年、私が注目している、『物理』でディメンションを調べることによって解答候補を絞れる問題、について示します。

今年は、去年ディメンションで正答が分かる問題が多数あったことへの反省(?)からか、同様の問題の数は減りました。ディメンションだけで正答までそのまま分かってしまう問題はなく、候補が絞れる問題が3問です。

第4問のB問3バネの縮みを求める問題で選択肢が以下のようになっています。

①Mv/k  ②(M+m)v/k  ③(M-m)v/k  ④√(M/k)・v  ⑤√{(M+m)/k}・v  ⑥√{(M-m)/k}・v

(少し表記が分かりにくいかもしれません。実物を参考にしてください)

①~③と④~⑥にディメンションが分かれています。m/kの分母分子にgxをかけて、 m/k=(mg・x)/(kx・g)=x/g=[m/(m/s2)]=[s2]です。vは[m/s]で、縮みのディメンションは[m]ですから、vに[s]をかけなければいけません。よって m/kの[s2]は平方根をとる必要があります。正解は④~⑥のどれかです。

第6問の問1イで光子のエネルギーが問われていて、選択肢は「hν」と「 h/ν」に分かれています(「ν」は「ニュー」です)。これはディメンションと言うより、光子のエネルギーE=hνを覚えていなくてはなりません。

同じく第6問の問2で速さを問う問題で、選択肢は次のようです。

①eI0/2m  ②2eI0/m  ③√(eI0/2m)  ④√(2eI0/m)  ⑤eV0/2m  ⑥2eV0/m  ⑦√(eV0/2m)  ⑧√(2eV0/m)

(これも表記が見にくいです。実物を見てください)

mは質量、eは電荷、I0は電流、V0は電圧です。

eI0/mのディメンションは [CA/kg]=[A2/kgs]ですので、①から④は速さのディメンションになりません。

eV0は[C・J/C]=[J]です。[J]と言えば1/2mv2ですね。それをm[kg]で割ると速さの2乗が出てきます。よってその平方根をとって⑦か⑧が正解候補です。

物理はうっかりミスをしやすい科目なので、それを防止するために必ずディメンションの確認をしたいです。私の授業ではどのようにディメンションを確認するか丁寧に教えます。

 

『高校化学 中和滴定』『高校化学 気体の製法の理論を整理すると』『高校化学 熱化学方程式の問題の解き方』を出版しました。kindle出版です。

未知の酸または塩基の濃度を決定する操作を「中和滴定」といいます。中和滴定について高校化学で必要な知識をまとめます。教科書ではあまり取り上げられていないちょっとしたコツも紹介したいと思います。詳しくはこちらを。

高校化学でさまざまな気体の製法を学びますが、その理論をあまり整理せずに、雑然と覚えている人が多いような気がします。本書ではそれらをキチンと整理します。

高校化学の熱化学方程式の問題は、場当たり的に解くのではなく、整理して系統的に解くべきです。それをまとめました。

わたくし、大阪の家庭教師が高校物理の参考書を出版しました。

タイトルは『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』です。

『§3 v-t図の考え方』より

「物体の運動を考察する際、v-t図を使うと分かりやすい場合があります。v-t図の用い方は知っている人も多いかと思いますが、ひとつ喚起しておきたいことがあります。v-t図を作図せよ」、という設問があったら、それは、「これ以降の設問でv-t図を利用して解けば簡単に解けますよ」という誘導である場合が多い、ということです。物理の入試問題では、いかに出題者の誘導に乗るか、ということもポイントになってきますので、こういうこともしっかり押さえておきましょう。」

このように受験生が本当に必要としている実践的な知識を載せました。

『§4 「エネルギー保存の法則」「運動量保存の法則」の式をたてる際に注意すること』より

「運動量保存の法則は、「内力だけが働く系では、運動量の和が保存する」というものです。ここで運動量はベクトルですから分解することができます。すると、外力が働いていてもそれが一方向を向いていれば、それに垂直な方向は内力だけが働くことになりますから、その方向の運動量は保存します。したがって運動量保存を使うときは、まず働く力全てを内力と外力に区別し、外力が一方向を向いていないか調べることからはじめます。

教科書に載っている法則をただ覚えているだけではダメです。問題を解くとき具体的にどう使うのかまで理解していなくてはいけません。法則の正しい用い方を明確に説明しました。

他の参考書では書いていないような受験生が本当に必要としている事項満載です。

詳しくはこちらをどうぞ

平成27年センター試験「物理」

高校物理参考書『高校物理発想法』を出版しました。

詳しくはこちら

2015年1月18日に行われた、センター試験「物理」を概観します。

今年から、新課程で、旧課程の「物理Ⅰ」から、新課程では「物理基礎」と「物理」の選択となりました。「物理基礎」は文系の大学学部が課しているケースが多い模様。「物理」には「物理基礎」の範囲も含まれます。理系の受験者は「物理Ⅰ」から「物理」へ範囲が広がったわけですね。今年一年のみ浪人生は選択で「物理Ⅰ」という科目で受験できました。現役生と浪人生どちらが有利だったとか不利だったとか、あとで統計が出ると思います。

試験問題を見ます。新課程一年目ということで、どんな出題がなされるか注目でした。「やや難しい」くらいじゃなかったのかな、と私は思っています。センターが発表していた試作問題にはコンデンサーの問題があったので、コンデンサーが出題されるだろうと予想していたのですが、出ませんでした。裏をかかれた・・・。で、私がとくに注目したいのは、ディメンションを考えるだけで回答が絞れる問題が4問、しかもそのうち絞れるだけではなくそのまんま正答が得られる問題が2問もありました。ディメンションについては、当ホームページ『ディメンションを確認するー物理得点アップ法その1ー』を参照。その4問は、第1問の問3のア、これは力を問うていますから、mAω2以外は不適で、解は⑦、⑧に限られます。それから第2問のB問3はエネルギーですから、ディメンション的にqVです。よって正答は①のnqV+E0しかあり得ません。同じく問4、En/mは速さのディメンションは持たず、半径rもmv/qBに限られ、自動的に答えは①に決まります。第4問のA問1、時間ですから④~⑥は不適です。これまでディメンションだけで正答が得られるような問題はセンター試験ではあまり出題されていなかったのですが、今年は大きく変わりました。

やや難しいと私が感じた問題は、まず、第2問の問2、交流の問題です。交流の消費電力P=V02/2Rは知らない人もいたのでは。整流されていますから、その半分が正答です。

第3問の問4は難しかったと思います。波動の干渉です。まず問3の条件から、lA-lB=(m+1/2)λ(問題ではm=0、1、2、ですが、ここではmは整数ということにして、絶対値記号をはずしています)。仕切り板をAのがわにdずらしたとして、弱めあう条件は、(lA-d)-(lB+d)=nλ(nは整数)。この2式の辺々を引いて、2d=(m-n+1/2)λ。m-n=0のときd(の絶対値)が最小になります。よってd=λ/4=vT/4です。

第5問の問3は熱力学で、VTグラフ。等温変化は温度一定なので、オは良いとして。問題は定圧変化です。pV=nRTでp一定ですから、VとTは比例します。よって原点を通る直線のグラフですね、ウです。断熱変化は難しく、ポアソンの式からTVγ-1=一定(γは比熱比)、となります。カのグラフです。これは難しいので分からなくても、前のふたつだけで正答が導けるようになっています。

第6問は原子の問題で、第5問と選択でしたから避けた人が多かったのでは。

みなさん、自己採点してどうでしたか。志望校の変更を迫られた人もいたかもしれませんが、最後までがんばってください。もうひとふん張りです。

 

『高校化学 中和滴定』『高校化学 気体の製法の理論を整理すると』『高校化学 熱化学方程式の問題の解き方』を出版しました。kindle出版です。

未知の酸または塩基の濃度を決定する操作を「中和滴定」といいます。中和滴定について高校化学で必要な知識をまとめます。教科書ではあまり取り上げられていないちょっとしたコツも紹介したいと思います。詳しくはこちらを。

高校化学でさまざまな気体の製法を学びますが、その理論をあまり整理せずに、雑然と覚えている人が多いような気がします。本書ではそれらをキチンと整理します。

高校化学の熱化学方程式の問題は、場当たり的に解くのではなく、整理して系統的に解くべきです。それをまとめました。

わたくし、大阪の家庭教師が高校物理の参考書を出版しました。

タイトルは『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』です。

『§3 v-t図の考え方』より

「物体の運動を考察する際、v-t図を使うと分かりやすい場合があります。v-t図の用い方は知っている人も多いかと思いますが、ひとつ喚起しておきたいことがあります。v-t図を作図せよ」、という設問があったら、それは、「これ以降の設問でv-t図を利用して解けば簡単に解けますよ」という誘導である場合が多い、ということです。物理の入試問題では、いかに出題者の誘導に乗るか、ということもポイントになってきますので、こういうこともしっかり押さえておきましょう。」

このように受験生が本当に必要としている実践的な知識を載せました。

『§4 「エネルギー保存の法則」「運動量保存の法則」の式をたてる際に注意すること』より

「運動量保存の法則は、「内力だけが働く系では、運動量の和が保存する」というものです。ここで運動量はベクトルですから分解することができます。すると、外力が働いていてもそれが一方向を向いていれば、それに垂直な方向は内力だけが働くことになりますから、その方向の運動量は保存します。したがって運動量保存を使うときは、まず働く力全てを内力と外力に区別し、外力が一方向を向いていないか調べることからはじめます。

教科書に載っている法則をただ覚えているだけではダメです。問題を解くとき具体的にどう使うのかまで理解していなくてはいけません。法則の正しい用い方を明確に説明しました。

他の参考書では書いていないような受験生が本当に必要としている事項満載です。

詳しくはこちらをどうぞ

 

平成26年センター試験、確定志願者数発表される

高校物理参考書『高校物理発想法』を出版しました。

詳しくはこちら

大学入試センターから、平成26 年センター試験の確定志願者数が発表されました。全志願者数は56 万670 人で、平成25 年より1 万2,674 人 (2.2%)減少しました。現役生の受験者数は減少しましたが、既卒者は増加。男女とも減少です。
都道府県別では、大阪が男女とも増えて前年より2.0%増加、大阪以外はすべて減少しました。現役志願率は42.1%で、過去最高だった前年と同じ。

詳細情報・分析は旺文社の教育情報センターのページで。

とにかく平成27年から理科と数学が新課程にもとづく試験になりますので、今年の受験生は是が非でも浪人したくないでしょうから、勉強、情報収集などしっかり用意して望んでください。

試験目前ですが物理・化学はちょっと自信が・・・という人。大阪近辺ならわたくし高校物理・化学家庭教師にご一報ください。特にディメンション(次元)確認をやっていない、知らないという人はそれをやれば確実に得点がUPしますよ。是非、ご連絡を。

 

『高校化学 中和滴定』『高校化学 気体の製法の理論を整理すると』『高校化学 熱化学方程式の問題の解き方』を出版しました。kindle出版です。

未知の酸または塩基の濃度を決定する操作を「中和滴定」といいます。中和滴定について高校化学で必要な知識をまとめます。教科書ではあまり取り上げられていないちょっとしたコツも紹介したいと思います。詳しくはこちらを。

高校化学でさまざまな気体の製法を学びますが、その理論をあまり整理せずに、雑然と覚えている人が多いような気がします。本書ではそれらをキチンと整理します。

高校化学の熱化学方程式の問題は、場当たり的に解くのではなく、整理して系統的に解くべきです。それをまとめました。

わたくし、大阪の家庭教師が高校物理の参考書を出版しました。

タイトルは『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』です。

『§3 v-t図の考え方』より

「物体の運動を考察する際、v-t図を使うと分かりやすい場合があります。v-t図の用い方は知っている人も多いかと思いますが、ひとつ喚起しておきたいことがあります。v-t図を作図せよ」、という設問があったら、それは、「これ以降の設問でv-t図を利用して解けば簡単に解けますよ」という誘導である場合が多い、ということです。物理の入試問題では、いかに出題者の誘導に乗るか、ということもポイントになってきますので、こういうこともしっかり押さえておきましょう。」

このように受験生が本当に必要としている実践的な知識を載せました。

『§4 「エネルギー保存の法則」「運動量保存の法則」の式をたてる際に注意すること』より

「運動量保存の法則は、「内力だけが働く系では、運動量の和が保存する」というものです。ここで運動量はベクトルですから分解することができます。すると、外力が働いていてもそれが一方向を向いていれば、それに垂直な方向は内力だけが働くことになりますから、その方向の運動量は保存します。したがって運動量保存を使うときは、まず働く力全てを内力と外力に区別し、外力が一方向を向いていないか調べることからはじめます。

教科書に載っている法則をただ覚えているだけではダメです。問題を解くとき具体的にどう使うのかまで理解していなくてはいけません。法則の正しい用い方を明確に説明しました。

他の参考書では書いていないような受験生が本当に必要としている事項満載です。

詳しくはこちらをどうぞ