反発係数(はねかえり係数)の式の覚え方

衝突における反発係数(はねかえり係数)eの式をつぎのように暗記している人が多いのだろうと思います。

これであっているのですが、丸暗記は忘れてしまいやすく、記憶の定着が悪いので、なにか工夫して覚えたいです。

私はつぎのように言葉で覚えています。

「相対速度がマイナスe倍になる」

これだと忘れにくいです。式にすると

v1‘-v2‘=-e(v1-v2)

また、別の覚え方として

「離れる速さが、近づく速さのe倍になる」

というのもあります。これは速度が下図のような設定のとき便利です。

図を見ればわかるように、近づく速さはv+V、離れる速さはv’+V’です。「離れる速さが、近づく速さのe倍になる」を用いると

v’+V’=e(v+V)

このように工夫して覚えて、無機質な数式を丸暗記する際のリスクを回避します。

このような工夫、発想法を『高校物理発想法』の中で詳しく解説しました。

amazon

高校物理を本音でズバリと解説しました。物理得点アップを目指すなら是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です