電場と電位って?

空間に電荷があると、空間が電気的にひずむと考えます。電荷が電気的にひずんだ空間におかれるとクーロン力を受けます。この電気的なひずみを表現するものが、あるときは電場であり、あるときは電位であるわけです。電場と電位が独立に別個に存在するわけではありません。自分が考えている用途に便利なほうを用いればよいということです。電場はベクトルで電位はスカラーですから、計算は電位の方が楽だということが言えますが、どちらを用いるべきかはケースバイケースです。

電場と電位について、拙著『高校物理発想法』(既刊)、近日発売予定の『東大物理攻略マニュアル』で詳しく説明しています。

amazon

『高校物理発想法』の詳しい説明はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です