等加速度運動の公式を忘れたときは

試験のとき、等加速度運動の式を忘れてしまった、思い出せない、そんなときは、あわてず、騒がず

こんな直線のグラフを描きます。これは等加速度運動のv-tグラフです。傾きが加速度aですか。直線のグラフの式y=ax+bを思い出して

と、「速度と加速度の式」が出てきます。

変位xv-tグラフのつくる面積でしたね。台形の面積を求めて

x=1/2×(v0+v)×t

この式に、さっき導いたvを代入すれば

「変位の式」が出てきます。

残る「tを含まない式」

は、いま導き出した、「速度と加速度の式」、「変位の式」からtを消去すれば出てきます。

このことからわかるように、「tを含まない式は」ある意味必要のない式です。なぜなら、tが出てこないxを求める問題が出たときに、「tを含まない式」を知らなくても、「速度と加速度の式」からtを求めて、それを「変位の式」に代入すれば結果は同じだからです。知っていると計算が楽な場合があるので覚えておいた方がよいのですが、なくてもなんとかなる、ということです。

以上、等加速度運動の式を忘れたときは、v-t図を描け、でした。

わたくし、大阪の家庭教師の著作『高校物理発想法』です。

amazon

『高校物理発想法』の詳しい内容はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です