『東大物理攻略法』を出版しました

『東大物理攻略法』を出版しました。

これまでに例を見ない、本音で語る、東大物理の決定版です。

 

例えば、

東大物理1997年第2問にこんな問題が出ています

「…、導体棒は単振動し、その変位がx0sinωtとなった。…」

これ、変位のどっち向きが正の向きか指定せずにいきなり

「x0sinωt」

がでてくるのです。

これではどちら向きにx0sinωtなのか分かりません。

明らかに欠陥問題です。

解答者がどちらが正の向きか決めて答えるしかないでしょう。

どちらを正の向きとおくかによって正答は異なるわけです。

この問題、本番で受験した人は

どうしたらいいんだあ~

とパニックになったのではないでしょうか。

東大でこういう問題が出題されていることを押さえておかないと

あなたもパニックになるかもしれません。

『東大物理攻略法』ではそういうこともはっきりズバリと指摘しました。

なかなか

「東大物理には欠陥問題が出題されている」

とズバリ指摘している参考書・問題集は少ないのでは

 

ほかに

『§13、「高校物理では微分・積分は使わない」を逆手に取る』から引きます

「ここで、皆さんもご存じのとおり、高校物理では微分・積分は使わない、という建前になっています。それを逆手にとって、圧力が変化する過程の仕事を求める問題が出たら、積分を使わなくても答えがわかるはずだ、と考えます。

先のW=∫pdVの式は、Wp-V図のV1からV2の面積だということを示しています。つまり、気体がした仕事を求めるには、p-V図を描いて、面積を求めればよいということです。これは、教科書に応用事項として載っているはずです。

p-V図が直線なら、台形か三角形の面積で求まります。pの式がVの2次式で、p-V図が放物線になったとします。これだと面積を求めるのも難しいです。しかし、積分は使わないことになっているのだから、おそらく、面積を求めるのが難しい部分がキャンセルして簡単な図形の面積に帰着できるはずだ、と発想します。

例えば、下の左図のように放物線を組み合わせた図形の面積を求めるのなら、右図のグレーの部分の面積が等しいので、長方形の面積を求めればOK、という具合です。

「熱力学に限らず物理では多くの法則が微分・積分を用いて表わされます。それを理解したうえで、高校物理では微分・積分は使わないはずだから、と出題者に課せられた制限を逆手にとれば、解答が容易になります。ただし、微分・積分を使ったほうが簡単というケースもあります。そういう場合、建前は無視します。建前にのっとるも無視するもこちら次第です。」

高校物理で微分積分をつかってもいいの?という疑問を持っている人がいるでしょう。

「高校物理で微分積分はこう使います」という参考書も出版されています。

しかし、微分積分の使い方自体より、

どういうスタンスで臨めばいいのか

どう発想するのか

が大切なのではないでしょうか?

これについて述べているモノは少ないです。

『東大物理攻略法』では、

ズバリと

建前を逆手にとって考えたり、建前を無視したりして良い

と述べました。

 

 

このように『東大物理攻略法』は他に例を見ない画期的な参考書です。

東大物理を受験する方はぜひ手に入れて欲しい

アマゾンランキング1位を獲得しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です