常にディメンションを意識した表記にしよう。

物理の問題を解いて、次のような答えになったとします。

 

 

この表記はなんだかよくわからない、好ましくない表記です。こういう場合、次のようにすると

 

 

非常に分かりやすいです。T/TとV/VがノーディメンションでP1とP2のディメンションが等しい、と一目瞭然です。

このように、ディメンションを意識した表記にすると、早く、ミスが少なく、集中力を保って、解答することができます。

次に

 

 

 

 

このように運動量保存とエネルギー保存の2式が立ったとします。vとhが未知数です。

運動量保存を変形して、エネルギー保存に代入すると

 

 

 

 

 

これをhについて解くのですが、次のようにしてしまうと

 

 

 

なんとなく見づらいです。ここは

 

 

 

とするとどうでしょう。1/2mv02をひと固まりのエネルギー見るわけです。見やすくありませんか?

ここから

 

 

 

 

 

 

 

と変形します。非常にスッキリしますね。自分がどういう変形をしているのかも明確です。

常にディメンションを意識した表記にすれば、得点アップがはかれます。

参照 ディメンションを確認する

ディメンションについて、拙著『高校物理発想法』で詳しく解説してあります。参考にしてみてください。

『高校物理発想法』の詳しい紹介はこちら

なお、近日発売予定の『東大物理攻略マニュアル(仮)』にても詳しく説明しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です