どの参考書・問題集を使うか(物理編)

高校物理参考書『高校物理発想法』を出版しました。

詳しくはこちら

おすすめの高校物理参考書・問題集を紹介します。化学はこちら

受験勉強においてどの問題集を使うべきなのか、というのは非常に重要な問題です。

まず言っておかなくてはならないのが、やはり一人ひとりあうあわないがあるということです。

人が「これはすごくいいよ」と言ったものでも、別の人にもあうとは限りません。

自分にあうものがみつかるまでどんどん参考書・問題集を買いあさるというのもありです。

あうものが見つかったら、それ以上は手を広げずに、その問題集の問題ならすべてスムーズに解けるようになるまで繰り返したほうがよいでしょう。手を広げると知らないうちに、同じ分野ばかりやっていたり、あまり手をつけていない分野ができていたりします。

以下に述べることは一般的なことで受験生全員に必ず当てはまるということではないということに注意してください。

〇物理がそれほど得意ではない人

高校物理がかなり難しいと感じる人は、基本問題を確実に得点したいです。そこで『リードα』(数研出版)や『セミナー』(第一学習社)などの教科書傍用問題集(おそらく学校指定で購入している)を繰り返して、高校物理の基本を身に着けることです。答えがあうだけではなく、なぜこう解くのか、この式が成り立つ理由はなにか、まで言えるようになっていればベストです。『リードα』『セミナー』の問題が楽々できるようになっていれば、入試の基本問題は解けますし、応用問題もある程度とれるでしょう。合格可能な得点はできます。手を広げるより、繰り返してあやふやなところがなくなるまでやりたいです。

〇物理を得点源にしたい人、難関校を目指す人

ここはスタンダードに『物理重要問題集』(数研出版)でしょう。

これは毎年アップデートして発行されており、高校物理ではもっともポピュラーで信頼度の高い問題集です。通称「重問(ジュウモン)」です。良問ばかりですし、毎年アップデートされているので最近の傾向も反映しています。

はっきり言って、余程の難関校で高得点を目指すのでない限り、これをやれば十分でしょう。重問を繰り返し、解説等もすべて理解し、答えがあうだけでなく、なぜこう解くのか、法則が成り立つ理由等まで完璧に言える、ここまで達していれば、どこの大学でも合格可能得点を取れるでしょう。手を広げる必要はありません。

〇最難関校で高得点を目指す人

東大・京大クラスで満点に近い点を目指したいという人、重問では飽き足らない人には、『難問題の系統とその解き方 物理』(ニュートンプレス)がよいでしょう。

通称「難系(ナンケイ)」です。難問をチョイスしてあり、問題数もかなりの量です。用い方としては、まず例題をすべてやりましょう。例題というと簡単な問題を挙げてあるのかと思ってしまいますが、例題というよりは難問のうちの典型問題です。ですので、まず例題を繰り返しましょう。その上でまだ余力がある人は演習問題をやるとよいです。演習問題はかなりの量なのですべてやろうと思うと受験までに手が回らないかもしれません。余程自信と余裕のある人以外は例題をやれば十分です。

基本は重問、難系は余裕のある人です。

難系以外のハイレベル問題集には、『理論物理への道標 上下』(河合塾)、『新・物理入門問題演習』(駿台)があります。

『道標』はいかに物理法則が自然現象を説明するのか、というのがテーマなようです。その手の入試問題をセレクトしてあります。最近、改訂されたのですが、近年京大で出題された、高校物理の範囲でGPSを説明するには、という問題が、すかさず採用されました。高校の範囲外のことも教育的な観点から掲載されており、大学で物理を学ぼうと思っている人には向くかもしれません。受験に役立つかどうかは?ですが。

いろいろと有名な山本義隆先生の参考書・問題集。入門とありますが、またっく初心者向けではなく、かなりコアな本質的なところまで掘り下げています。これも、将来物理の道を目指す人向け。

入手しにくいですが、『坂間の物理』というのもあります。

 

以上、自分にあう問題集を見つけて繰り返し、あとは赤本で志望校の出題形式や傾向を確認します。

最後に言っておきたいのがうっかりミスです。自宅で問題集をやっていて、うっかりミスをしたとき、「ちょっとミスった」くらいで重要視せず通り過ぎてしまいがちだと思います。しかし、考えてみてください。入試本番でうっかりミスをしたとしたらどうでしょう。採点官は、これはうっかりミスだからと手心を加えてくれたりはしません。設問の最初のほうでうっかりミスをしてそれを用いて最後まで解答してしまったら、全滅もありえます。物理は非常にうっかりミスを犯しやすい科目です。同じ大学を受験する人はだいたい同じレベルの学力なのですから、合否を分けるのはうっかりミスだと言ってもよいでしょう。難しくて解けない問題は得点できなくてもそれは仕方がないことですし、ほかの受験生にも難しい問題のはずです。ところが分かる問題を得点できないのは非常に痛いです。

問題集を独習するとき、いかにうっかりミスをしないかにも気を配ってください。以下のページも参考にしてください。

ディメンションを確認する

特別な場合を考える

これらのことは私が書いた参考書『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』でも詳しく解説しています。

高校物理発想法

高校物理発想法

以上を参考に自分に合った勉強法を見つけてください。

『高校化学 中和滴定』『高校化学 気体の製法の理論を整理すると』『高校化学 熱化学方程式の問題の解き方』を出版しました。kindle出版です。

未知の酸または塩基の濃度を決定する操作を「中和滴定」といいます。中和滴定について高校化学で必要な知識をまとめます。教科書ではあまり取り上げられていないちょっとしたコツも紹介したいと思います。詳しくはこちらを。

高校化学でさまざまな気体の製法を学びますが、その理論をあまり整理せずに、雑然と覚えている人が多いような気がします。本書ではそれらをキチンと整理します。

高校化学の熱化学方程式の問題は、場当たり的に解くのではなく、整理して系統的に解くべきです。それをまとめました。

わたくし、大阪の家庭教師が高校物理の参考書を出版しました。

タイトルは『高校物理発想法~あやふやな理解を明確に~』です。

『§3 v-t図の考え方』より

「物体の運動を考察する際、v-t図を使うと分かりやすい場合があります。v-t図の用い方は知っている人も多いかと思いますが、ひとつ喚起しておきたいことがあります。v-t図を作図せよ」、という設問があったら、それは、「これ以降の設問でv-t図を利用して解けば簡単に解けますよ」という誘導である場合が多い、ということです。物理の入試問題では、いかに出題者の誘導に乗るか、ということもポイントになってきますので、こういうこともしっかり押さえておきましょう。」

このように受験生が本当に必要としている実践的な知識を載せました。

『§4 「エネルギー保存の法則」「運動量保存の法則」の式をたてる際に注意すること』より

「運動量保存の法則は、「内力だけが働く系では、運動量の和が保存する」というものです。ここで運動量はベクトルですから分解することができます。すると、外力が働いていてもそれが一方向を向いていれば、それに垂直な方向は内力だけが働くことになりますから、その方向の運動量は保存します。したがって運動量保存を使うときは、まず働く力全てを内力と外力に区別し、外力が一方向を向いていないか調べることからはじめます。

教科書に載っている法則をただ覚えているだけではダメです。問題を解くとき具体的にどう使うのかまで理解していなくてはいけません。法則の正しい用い方を明確に説明しました。

他の参考書では書いていないような受験生が本当に必要としている事項満載です。

詳しくはこちらをどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です